赤ちゃんが言葉を理解するように

赤ちゃんは1歳ぐらいになると、「ママ」など言葉を突然言ったりすることがあります。
お母さん、お父さんは大喜びだと思います。
赤ちゃんがこの「ママ」という言葉を発するまで、いろんな下準備をしているそうです。
お母さんのお腹の中にいるときから、お母さんが話す言葉を聞いているとか、音楽が判るなどということが言われています。
赤ちゃんは産まれてきてから、いろんな言葉に囲まれているかと思います。そういった言葉に敏感に反応しているそうです。
赤ちゃんはあえて教えなくても、生まれつき言葉を理解する特別な能力を持っているそうです。
言語を司る脳の言語野や脳の司令塔である前頭葉部分が、赤ちゃんが眠っているときに言葉を聞かせたりすると、活発に動いているそうです。
眠っていても脳は働いているというふうに聞いたことがありますが、実際にインプットされた音の刺激を受け止めて反応しているそうです。
胎児のころから周囲の環境の音を聞いているということで、胎教の一環としてモーツアルトを聞かせたりする人もいるそうです。
いろいろとインプットされた言語は、脳のなかに蓄積されていくそうです。
赤ちゃんは言葉の意味は分からなくても、相手が話す様子や態度はわかるようです。
そこで人の感情などを読み取ることができるようになると言われています。
感動や関心を持って赤ちゃんと関わるというのはとても大切なことだそうです。
そこからモノの意味を理解していくというのですから、大人が外国の言葉を勉強するときも同じように人の感情は言葉に重要な意味を持っていると意識していったほうがいいようです。
感情豊かである人は、外国語を話すときでも通じやすくなったりするようです。
言いたいことを表現するのは、まず感情があってこそだと思います。

こうした英会話の伝わりやすさも英会話を習いに行くと分かりやすくなるかもしれません。

銀座にもわかりやすく教えてくれる英会話スクールがあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です