シャドーイングの効果

英語学習において、特に初心者が独学で行う場合にはシャドーイングが効果的です。英語を独学で勉強していると、単語の暗記やリスニングばかりを行ってしまい、実際に声を出して練習をするということが少なくなる傾向にあるそうです。例え知識があったとしても練習をしてこなければ、英語を話さなくてはならない場面で、即座に声に出すことができなくなってしまいます。

シャドーイングは、英文を聞きながら、そのまま声に出すトレーニング方法です。実際に音声を聞きながら真似て発声をするので、少し遅れて声に出すという状態になります。似た練習方法に、オーバーラッピングという方法がありますが、こちらは「聞こえてきた音声をほとんど同じタイミングで」声に出すという方法です。ただし、全くの英語初心者が行うにはシャドーイングの方がやりやすいとも言われています。

実際に耳で聞きながら発声を行うため、シャドーイングは、特にリスニング・スピーキングの能力が上がりやすくなるそうです。繰り返し行うことで、音の強弱や英語のリズムを掴むことができるようになり、自然な英語を学びやすくなります。実際の発話スピードに慣れやすくなるため、学習レベルに合わせて段階的にスピードアップをしていくことで効果が表れてきます。英語を繰り返し発音していると、「英語を日本語に置き換えて」理解するのではなく、「英語を英語のまま」で意味を理解できるようになります。この感覚こそが、英語に慣れて、肌感覚で理解することに繋がっていくそうです。

シャドーイングは繰り返し行うことで身に付きやすくなります。たくさんの教材に手を出すのではなく、初めのうちは1つの教材を繰り返し学んでいくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です