頭の音に注目

言語獲得を復活させるための意外でありながらも、効果的でかつ効率的なポイン卜として、発音する際、「音の出だしで頭を叩く」という画期的な発音方法があるようです。これは、本当に頭を叩きながら喋るというわけではなく、単語練習などの時に取り入れるもので、練習の時から単語の頭の音を叩くように発音して単語をマスターしていくという方法のようです。日本人特有の「カタカナ英語」がネイティブに通じない理由として、日本語で慣れてしまった平べったい発音が原因なのではないかという点が挙げられていることから、その対策として、アクセントのある英単語の出だし部分を、まるで強く叩くかのように強く、鋭く発音させるためという狙いがあるようです。日本語には存在し無いとされている音を、頭を叩くように発音できるようになると、英語の音の吸収力が一気に加速すると考えられているようです。農耕民族と狩猟民族の違いは、顕著に言葉の発音にまで現れているといえるでしょう。なにか獲物を捕らえるように発音してみるというのも新しい学習法に繋がっていくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です